« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

Rustic Pans@大阪ナイスミドル

Rustic Pans久々の大阪ライブ。Pug27さんの主催、大阪ナイスミドル。
一曲目に初公開の新曲、「Three views of the secret」を。
クールに熱くが今回のテーマ。衣装も黒基調で渋くまとめて、なかなかの統一感。
Rusticの一皮むけた瞬間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Pikaia

11/9から一緒にさせてもらうpikaia pandeiro specialツアーに先駆けて、神戸でご対面。
Pikaiaさんはすごいです。
ツアーに先駆けてということで、ツアーでやる曲が中心かと思いきやほとんどが知らない曲だった。
今日、一緒に盛り上がれてメンバーのよさがでるようにとのリーダーのナヴェさんのナイスな選曲。
普段は極めて温厚なtpナヴェさんとperc小澤さんだが、楽器を持った途端に野獣になる。
暴れまくりの一夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Puki Revoツアー帰ってきました。

ツアー後半は神戸、三重、名古屋と行ってきました。

神戸@ZINK

階段搬入で覚悟していたが、ZINKスタッフさんが思い切り手伝って下さってすごい助かった。出演多数のため、我がバンド超凝縮メニューにて参戦。初のBAILE FUNKチューンを披露。バンドのこれからの方向性を見た。


三重@Bless you

Cimg5632
ラブタン時代からのeliさんの大ファンの主催の方の思い入れたっぷりの一日。チケットももちろん手作り。チケットに主催の方の今回のライブに対する思いが書いてました。そして、お客さんが泣いた時用の手作りティッシュも用意されていて、その中に「Don't cry baby」、「楽しかったね」の文字が。熱い!
泊めてもらったのはBless youの店長さん兄弟のお家。代々続く農家です。ゆったりとした時間の流れ。そのお家は彼らの仲間がしばしば集まる場所になってるんだそうで、打ち上げのときも沢山の仲間がわいわいと。で、盛り上がり中に主催の方が、「明日、お祭りで獅子舞を舞うんです。先達の顔を潰す訳にはいかんので、寝ます」と。そういや、お祭りの季節やもんねえ。地に足がついたナイスな方々。また行くよ!


名古屋@KD Japon

噂は聞いていたけど行ったことがなかった。音楽だけでなく演劇なんかもやってるハコ。雰囲気としては拾得、磔磔的な感じ。二階もあり、立体的なステージが作れる可能性がある。
ツアー最終日ということでバンドの気合いも入る。
私のセッティング写真
Cimg5644

いいライブだった!

11月末から九州にこのバンドで行きます。楽しみです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ruki Revoツアー続行中

神戸のシークレットライブ、尾道、高松、滋賀、と行ってきて、今日は京都に寄り道してから一時帰宅。

4回のライブでバンドのクオリティがどんどん上がってきた。

アルバム制作の話が早くも浮上。今日も移動の車の中でネタの録音を試みる。

明日は姫路で新曲の制作です。

MIXIでPuki Revoのコミュできました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=3778986

このバンドは5人編成。演者4人とコネクターが1名。すごいスピードで発展していってます。このスピードは今までで一番すごい。素晴らしいメンバーだ。

ツアー後半が楽しみだな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Puki Revoツアー中

3日間の連続リハを経て出発したPukiRevoツアー。
一昨日は神戸でシークレットライブ、昨日は尾道でした。
詳しいレポートはeliさんのブログに載ってます。
http://eli-jazz.com/
明日は高松です。楽しみだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぽんぽこ楽音

ラスティックのメンバーの山下ジュン率いる楽団で福井へ。

お寺にてコンサート。仕込み中にご住職が御勤めされているのを聞いてたら、木魚のリズムがもろマラカトゥだった。

ま、それはいいとして、この楽団、パーカッション4人、笛、スチールパン、そしてギターという編成。パーカッション隊はチェロ、ベースに持ち替える人あり。なんとまあ幅が広いというかどえらい柔軟性で曲に挑むのであります。私は主にドラムで屋台骨、、、とはならずただの暴れん坊か、、、。

いやはや楽しい楽団でした。バンド全景の写真はお寺の撮影許可もらってなかったので私のセットを。


Cimg5560

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »