Profile

土居秀行 doi hideyuki (a.k.a. MAX土居、TAIKOMAN)

 15歳からドラムを始め、翌年から河瀬勝彦に師事。ドラマーとして多種多様なジャンルで演奏を経験。

 1999年バンド「沙弥音」結成。アルバム5枚をリリース。このバンドで奈良の新薬師寺(国宝)での月一回の満月の夜の奉納演奏を5年間継続する。02年5月には韓国、ジュクサン・アートフェスティバルに参加、10月には奈良・新薬師寺に満月の夜の奉納演奏のゲストとしてスウェーデンのスイート・ジャズ・トリオを招き、11月には同じくスウェーデンのガルマルナの来日ツアーのオープニングアクトを勤める。

 04年スティール・パンの出合いより演奏活動の幅を広げ、山村誠一(Perc,Composer)主催の「Rustic Pans」の活動開始。05年には佐渡裕監督によるシルヴェスタ ガラコンサートでカナダのピアニスト、DD Jackson(pf) 原朋直(tp)と共演。06年フランスの詩人、ピエールバルー関西ツアーに参加。

 朝崎郁恵(奄美島唄)やEPO(Vo)、中村泰士のサポートや「深川和美の童謡サロン」への参加、自身のハンドドラムソロ「TAIKOMAN」も継続中。08年 eli (ex Love Tambourines)をヴォーカルに迎えたバンド、"Puki Revo " のリーダーを務める。

 その他にも演劇、ミュージカル、エキシビションでの演奏や制作も多数手がけ、障害者のためのドラムワークショップも行っている。


324kjpg_6

|

その他のカテゴリー

Live Schedule | Profile